粉体塗装とは?

粉体塗装とは?

有機溶剤や水などの溶媒を用いない粉末状の塗料を使用して、
主に吹き付け塗装もしくは浸漬塗装の2方法にて行われる工業塗装法を “粉体塗装”と言います。

従来の「塗る」から「コーティング」する事により、強固で美しい塗装を可能としました。

では、なぜ金属に粉が付着するのか?
それは静電気の力で付着しているのです。
金属はアースされプラスの電気を帯びています。
そこにマイナスの電気を与えたら粉体の塗料がくっつくのです。
その後オーブンで加熱(焼き付け)されて均一な塗膜が形成されます。

強くてしなやかな塗膜に加えて有機溶剤を使用していないことから人体にも環境にもやさしい塗装と言えます。
ですので、弊社では医療機器など精密な機器にも塗装することが出来るのです。

粉体塗装の工程

粉体塗装の工程

粉体塗装の特色

環境にやさしい

粉体塗料は無溶剤塗料であるため溶剤揮発が原因となる公害問題の発生がなく、また有機溶剤による中毒、溶剤の引火による危険(消防関係)からも回避できる塗料です。また水溶性塗料の場合に発生する廃水処理問題もなく公害対策上非常に有利な塗料です。

強い防食性を守る

防食性は従来の溶剤塗装と比較して約3倍以上。
理由のひとつとして、従来の溶剤塗料で発生する塗膜のピンホールが少なく、錆の発生がしにくく、商品のライフサイクルをアップさせます。

塗料の損失が少ない

粉体塗装ではオーバースプレーされた塗料を回収して再使用することが可能であるため、塗料の損失が非常に少なくなります。

塗装作業効率の向上

粉体塗装は静電塗装機の塗料吐出量が大きいこともあり、一般溶剤型塗料に比較して3~5倍の塗装能力があります。

粉塗装機

粉体塗装機

専用の塗装ラインで、手吹き静電塗装機で塗装後、熱風乾燥路で焼付けをします。
粉体塗装機は、主に医療機の塗装に利用しています。